ニキビ跡とは

ニキビ跡とは、ニキビができたところに、傷として残ってしまったものです。

 

一口にニキビ跡といってもその傷はさまざまで、お肌の表面がまるで月面やみかんの皮のように凸凹になったものから赤色や茶色いシミのように残ってしまうものまで様々です。

 

このニキビ跡ですが、ニキビ跡になりやすい部位というのがあります。では、どんな部位にニキビ跡ができやすいかお分かりになりますか?

 

答えを言うと、ニキビ跡が出来やすい部位は、ターンオーバーが遅いとされる部位です。

 

背中やお尻などは顔に比べてターンオーバーが遅い部位。その分、ニキビ跡も消えづらい部位となります。

 

顔のように頻繁にチェックするわけではないため、ニキビ跡ができてしまっていても対策を取るのが遅れがちになってしまうことも原因の1つとなりますが、ニキビ跡が残ってしまう場合には、しっかりとニキビ跡ケアを行い、正しいターンオーバーに導きましょう。

 

実は、ターンオーバーは早くても遅くてもいけません。早すぎると、綺麗な肌が整っていないのに表面に出てきてしまう可能性がありますし、逆に遅いと、角質が古くなり、肌のキメが悪く、くすんだ状態になります。

 

以下ではニキビ跡の治し方や消し方について知っておいたほうが良い情報をご存知します。

ニキビ跡の治し方・消し方記事一覧

 

早くニキビ跡を消すためには何が必要でしょうか?ひとことで言うと、新しいお肌の細胞が必要です。ニキビ跡が垢となって皮膚からはがれ落ち新しいお肌が現れる、そのためには、新たなお肌を作る細胞が次々に生まれてこなければいけないわけです。では、具体的にはどうすれば良いのでしょうか?私の周りで一番人気があるのが、リプロスキン(医薬部外品)をニキビ跡ケアに使う方法です。今までなかなか治らなかったニキビ跡が、リプ...