リプロスキンの有効成分vol.1

リプロスキンの有効成分 | 肌にどのような効果があるのか?

リプロスキンには、8種類の有効成分が含まれていますが、これらはどんな働きをしてくれるのでしょうか?

 

そこで、今回はリプロスキンに含まれている有効成分の働きについて、
2回に分けてご説明していこうと思います。

 

ダーマホワイト

まずは、ダーマホワイト。ダーマホワイトは美白効果のある成分で、にきび跡やお肌の黒ずみ対策の美容成分として、リプロスキンに配合されています。ちなみにダーマホワイトとはいろいろな化粧品に配合されている原料の名称で、実際にダーマホワイトという名前の化粧品もあるようです(ちょっとわかりにくいですね。ダーマホワイトを配合させた化粧品の名前がダーマホワイトだという意味です)。

 

ホメオシールド

次にホメオシールド。ホメオシールドは海洋由来の成分で、リプロスキンでは保湿効果のある成分として含まれています。ちなみにホメオシールドは、もともとヨーロッパで古来から使用されていたスキンケアのための成分で、お肌の保湿をし、そして保湿感を長く維持してくれるそうです。

 

低分子コラーゲン

そして低分子コラーゲン。これは有名ですね。低分子コラーゲンとは分子のサイズを非常に小さくしたコラーゲンで、お肌の保水性を保っていつまでもうるうるのお肌にしてくれる成分です。

 

低分子ヒアルロン酸

最後に低分子ヒアルロン酸。これもご存知の方が多い有名な成分ですね。低分子ヒアルロン酸とは人の手によって精製、抽出されたヒアルロン酸のことをいい、さらに天然のヒアルロン酸(高分子ヒアルロン酸)と比べ分子が小さいのでお肌へ浸透しやすく、保湿効果を期待して化粧品などによく配合されている成分です。

リプロスキンの有効成分vol.2

前回に引き続き、リプロスキンに配合されている有効成分の紹介です。

 

酵母エキス

ではまず、酵母エキス。これはサプリメントなどによく配合されている成分ですね。酵母エキスとは酵母菌から生成、抽出されるエキスで、口に入れても安心安全の食品成分なので味噌やしょうゆなどの多くの発酵食品にも含まれています。

 

そして酵母エキスの効果ですが、酵母エキスにはアミノ酸やビタミン類、核酸など様々な有効成分が含まれていますので、それによって美白やお肌の修復効果、保湿などいろいろな嬉しい効果を得ることができます。

 

イソフラボン

次にイソフラボン。イソフラボンもまた有名な成分ですね。大豆など豆類に多く含まれるイソフラボンは、化粧品としては肌荒れの状態改善やお肌のターンオーバーを促進してくれる効果があります。またイソフラボンも自然界の成分ですので、お肌へのダメージも少なく安全に使用できる成分ということでも大変人気があります。

 

アロエエキス

そしてアロエエキス。アロエエキスとはアロエの葉を絞って出てくる汁を充分に乾燥させてエキスにしたもののことをいいます。もともとアロエはキズの修復作用があり、薬効のある植物として知られていますが、アロエエキスにも同様の効果が期待でき、お肌の修復目的で配合されているようです。

 

ゼニアオイエキス

最後にゼニアオイエキス。ゼニアオイエキスとは、アオイ科の植物であるゼニアオイから抽出できるエキスのことを言います。ゼニアオイエキスにはお肌の柔軟性を高める作用や保湿作用、お肌の炎症を抑える、抗炎症作用などがあり、大変期待の持てる成分ですね。

 

 

 

<< 返金保証 | トップページ | 顔以外にも使えるのか >>